dマガジンで雑誌を読む

160誌以上の雑誌が読み放題で月額400円(税抜)で読み放題!!!しかも最初の31日は無料でお試しできる!
ということで、やってみましたdマガジン

紙の雑誌には掲載されている記事が一部省略されていたり、広告が掲載されていなかったり、グラビアのセクシーな部分がグレーで塗られていたりするのですが、主だった記事はほぼ読めるのではないでしょうか?きっと袋とじ記事とかは見られないと思う。

普通に買ったら東洋経済690円(電子書籍だと583円)、週刊ダイヤモンド710円(電子書籍621円、690円)、週刊新潮400円、週刊文春400円、週刊現代430円、週刊ポスト430円、Discover Japan780円(電子書籍500円)などなど、挙げたらそれほどキリがないですが、全部買ったら、毎週数千円はするであろうこれだけの雑誌が、月額400円(税抜)なんやから、おトクといわずして何と言おう。

ただし、読めるのは最新号と前号だけとか(雑誌によってバックナンバーの数は異なる)、古いものから消えていくので、いつまでも保存するということはできません。過去の雑誌を引っ張り出して読み直すってことはあまりしないと思うけど。

文春や新潮って読むことなかったですが、ざっと目を通すだけでも割と幅広いテーマの記事が載っているんですね。表紙の絵からお堅い記事ばかりかと思ってました。

パソコンでも読めるし、スマホやタブレットでもちょっとした空き時間に読めるのも便利です。自分自身ここまで雑誌を読むようになるとは思っていませんでした。あ、「読む」というよりは「流し見」という感じですが。
無料期間が過ぎても、しばらく続けることになりそうです。

dマガジン(docomo)

FacebookTwitterGoogle+LinkedInPocket共有

世界国家の創設

トランプが共和党の指名候補となることが確実となった。
彼は、在日米軍の費用はすべて日本が支払え、さもないと在日米軍を全て撤退させると言っている。
私は、日本が自ら憲法を作らず、また、軍隊もないのは、異常だと思っている。なので、トランプにはこの際大統領になってもらって、これを機に日本には憲法問題と、軍隊の問題をきっちり考えてはどうかと思う。

既に軍隊並みの自衛隊がありながら、自衛隊を軍隊と認めず、戦争反対や憲法9条を守れと声高に叫ぶエセ平和主義者たちには吐き気がする。一見大義名分を掲げて、当然のことを言っているようにも聞こえる。戦争はしてはいけないものだからだ。
武器をチラつかせて力づくで欲望を押し付けるようなことは断じてするべきことではない。
ただ、軍隊を持つことは決して戦争を容認するものではない。自分の国は自分で守るものだ。隣の国が、力で土地を奪おうとしているのならば、治安を守るために相応の防御力は必要だ。

こういった国境問題を考えるとき、すでに「国境」というものの考え方が破たんしてきていることに気づかされる。
いつも制度は後追いだが、あまりにも今の制度の根幹をなすものだけに、旧体制の遺物として最もたちが悪いかもしれない。
全世界的に経済も人も物資も国境を越えて動くのだから、全世界的なルール作りをしていかないといけないのは当然だ。一部の業界では、ISOのような国際基準の制度化や、医療、医薬のハーモナイゼーションが起こっている。これをもっと広範囲に広げていくべきだ。
一つの国は都道府県や州のような扱いにして、世界法を創設し、民法や刑法、会社法のような世界共通の法律を整備し、世界軍によってテロや一国の暴挙に対抗し、処罰していくべきだ。若造の気持ち次第でミサイルを飛ばしているのを野放しにしていいわけがない。

世界国家に一番近いのは、国連だろう。しかし、今の国連にはそんな力は到底感じない。あらたに世界国家の制度を構築するのは、あまりにもハードルが高いように思える。ひとまず、常任理事国の否定と、国連軍の常設からスタートして、一歩でも世界国家の創設に近づいてもらいたい。

地球上の国の数

国際連合加盟国(Wikipedia)

いわゆる「国連」。国連に加盟している国は、2016年1月現在193か国。

Member States – UNITED NATIONS(英語)

国際連合広報センター(加盟年度順)

 

しかし、国連に加盟していない国もある。

平成27年7月2日時点で、日本政府が承認している国の数は196か国である。

「世界と日本のデータを見る」(外務省)

世界の統計2016(総務省)

国連に加盟していないが、日本が国と承認しているのは、

  1. バチカン
  2. コソボ共和国
  3. クック諸島
  4. ニウエ

です。

国連に加盟しているが、日本が承認していないのは、北朝鮮です。

国連に加盟していないが、独立を主張し、事実上独立している国

  1. 台湾
  2. コソボ共和国
  3. パレスチナ
  4. クック諸島、ニウエ
  5. サハラ・アラブ民主共和国
  6. ソマリランド
  7. 北キプロス
  8. トランスドニエストル共和国
  9. 南オセチア共和国
  10. アブハジア共和国
  11. ナゴルノ・カラバフ共和国

引用元:国連に加盟していない国 – ニコニコ大百科

ISO3166でカントリーコードが定義されているのは249の国・地域となっている。

Time-j.net 世界時計

Country Codes – ISO 3166

CIAのTHE WORLD FACTBOOKによると、267 world entities となっている。

THE WORLD FACTBOOK – CIA

個人的には

  1. 日本政府が承認している196か国
  2. 国連加盟国の193ヶ国
  3. ISO3166でCountry Codesが定義されている、249の国・地域

の3つは覚えとこうと思う。

icon nhk professional

公式アプリで作れる「プロフェッショナル私の流儀」

NHKの人気番組「プロフェッショナル仕事の流儀」の公式アプリ 「NHKプロフェッショナル私の流儀」が無料でダウンロードできます。
http://bit.ly/1Qw30kN

Google Playはこちら

Apple Appsはこちら

動画を作る手順はこんな感じ。

(1) プロフィールの入力
  ※ 氏名(漢字・ローマ字)、年齢、肩書

(2) ドキュメント 15秒(前半動画8秒+中盤7秒)
  ※ 真剣に取り組む様子を撮影

(3) 私の流儀「プロフェッショナルとは、」を語る。 後半動画11秒

(4) 流儀を言葉で入力する。
  ※ 2文字以上20文字以内

(5) 完成!

計11秒で、自分の思うプロフェッショナルを語れるか?

作ったら「私の流儀」として投稿もできます。

番組制作班が選んだいくつかの作品を見ることができます。
みんなの投稿を見てみる。

いざ、作ろうと思うと結構悩みます。
作りたいけど、作れずじまいになりそうな気もする・・・。
11秒か~。

アイデア出しは手書きで

PRESIDENTの2016/02/29号は「年収2000万のノート術」でした。

このP68-69に『心理学が実証「パソコンでノートを取るとバカになる!?」』という記事が掲載されていました。

その記事には、プリンストン大学での実験のことが書いてありました。

その実験は、パソコンでメモを取らせるグループと手書きでメモを取らせるグループに分けて、どちらの方が講義内容の学習効率がよいかを調べるものだったのですが、なんとパソコンより手書きの方が学習効率が高かったそうです。

また、別に、オレゴン健康科学大学での実験についても挙げています。その実験は、子供を手書きとタブレットのグループに分けて学習させ、数学の問題を解かせるというものですが、結果は、手書きの方が成績が向上したそうです。

ほかにも、トヨタ自動車での車体デザインに関する実験を挙げています。
まず、手書きでデザインをするケースと、CADに直接入力するケースで、デザインの数やデザインの評価をしたところ、手書きの方がアイデアの数も評価のポイントも高かったそうです。

パソコンはもはや仕事で不可欠なツールですが、仕事の効率を考えると、パソコンに直接入力した方が一見よいように思われます。しかし、まず紙とペンで考えを整理するというアナログ作業をしてから、パソコン作業にはいる方が、結果としてよい成果を出すことにつながるのかもしれません。

今日の教訓 : 紙とペンを侮るべからず。

ブタさんは・・・

先日、街中を歩いていて、「豚」と書いた飲食店さんの看板に遭遇しました。

「うわ、「豚」やてぇ~」という言葉に反射的に出た言葉は、「豚さんはすごいんやで!」でした。

「ブタ」というマイナスイメージはどこから来ているのでしょう?

▼ブタさんは、食べてばかりいて、太っている?

一部では豚さんは、さも貪り食べてばかりいて、太っているというイメージですが、豚さんの体脂肪率は飼育されたもので14%~18%。野生だと13%程度です(あなたの体脂肪率は?)。

▼ブタさんは汚い?

また、豚さんはきれい好きです。寝床や餌場から排泄する場所は離れた一カ所に決める習性があります。

▼ブタさんはバカ?

また知能も賢く、自分の名前を認識することもできます。研究者によると犬よりも賢いとも言われます。

▼ブタさんは縁起がいい?
繁殖率も高く、子だくさんです。子だくさんは人にとって繁栄の象徴とされることもあります。

▼ブタさんは色んな分野にまたがって・・・
豚肉は(一部の宗教では食べられませんが。)広く食用とされ、残す部分がないといわれるくらい用途があります。
ブタさんは食肉だけでなくゼラチンなどの食用材料としてや、建築材料や工業製品、医療分野(容器、ゼラチン、コラーゲン、人工心臓弁など)でも活躍しています。

「ブタ」というと、人を蔑むときに言われる言葉で用いられます(「このブタ野郎!」)が実はブタさんは人間生活に広くいきわたり、なくてはならないものになってたんですね。

ありがたく感謝しましょう。

 

【参照】

TED クリスティン・メンデルツマ「世界はブタで回っている」

Wikipedia ブタ

キャプチャ

windows media playerでネットラジオを聞く

 

情報源: Windows Media Guide | インターネット ラジオ

 

  1. まず、windows Media Guide より聞きたいラジオ局を探す。
    1. 探す方法は、①ジャンルから探す ②キーワードから検索して探す
  2. ラジオ局をの名前をクリックすると「playStation.wax」ファイルがダウンロードされる。
    1. 好きな名前に変更しておくと便利。
  3. ダウンロードファイルをダブルクリックすると、WindowsMediaPlayerでアクセスし、ラジオを聴ける。
  4. 次回以降も聞きたいときは、プレイリストに登録しておくと便利
    1. 再生中のタイトルを右クリックして「追加」>「その他のプレイリスト」>「プレイリストの作成」の順にクリック
    2. 任意の名前でプレイリストに追加する。

次回からは、プレイリストからクリックして、聴くことができる。

 

 

Microsoft Surface Pro のバッテリーと電源 | Surface Pro の再充電

Microsoft Surface Pro のバッテリーと電源 | Surface Pro の再充電.

Surface pro3 は、バッテリー交換ができません。

そこで気になるのが、バッテリーのへたり具合。できるだけ長持ちさせたいところです。

上記のMicrosoftのサイトでは、次のように書いてある。

いつでも再充電を。本製品のバッテリーは、再充電する前に空にしたり減らしたりする必要はありません。いつでも再充電できます。ただし、月に1回以上は、バッテリーを10%未満まで使ってから再充電をすることをお勧めします。

ということで、月に何回かは10%未満まで使うように心がけます。

 

シュガーマン 奇跡に愛された男/Searching for Sugar Man

別の映画のDVDに入ってた予告編で気になり、借りてみた。

アメリカではさっぱり売れない無名のミュージシャン”Rodriguez”が、なぜか南アフリカで大ヒット。そんな謎を追ったドキュメンタリー・ムービー。

何の気なしに観たからか、自分的にはかなり面白かった! 2012年のサンダンス映画祭ではオープニングを飾り、受賞もしているみたい。

 

85mの短めの映画やけど、途中できっと驚くこと間違いなし。どうかネタバレを検索したりせずに観て欲しい。

 

個人的評価 ★★★★★

 

 

 

 

最強のふたり/Intouchables(2011)

競争と挑戦に生きがいを感じて富を手に入れたものの、不遇の事故によって首から下が動かせなくなってしまい、介護なしには生きていけないフィリップ。

そして、仕事がなく、失業手当を受給するために仕事の面接に来たスラム育ちのドリス。

介護の仕事の面接に来た人たちの中で、失業手当を受けるためのサインをもらいに面接に来たドリスは、異色の存在。

正直でストレートな物言いのドリスに興味をもったフィリップは、不採用どころか採用してしまう。

金持ちと貧乏人。身体の動かない中年と強健な若者。高尚な趣味と俗な下ネタ。クラシックとソウルミュージック。

あまりにも違い過ぎるふたりですが、同情にうんざりしていたフィリップと、どん底から這い上がろうとするドリスは、少しずつお互いを受け入れていきます。

フィリップ役のフランソワ・クリュゼが、すごくいい表情を見せてくれます。

ドリス役のオマール・シーも、スラム育ちからなんとか這い上がろうとする青年を好演します。

脇を固める女中のイボンヌやマーガリーも個性的でコミカルで、ナイスキャストです。

そして、シーンごとに入る絵画やオーケストラの演奏、パリの朝やフランス郊外の田園シーンは、美しいです。

ハリウッド映画のような派手さや号泣シーンはありませんが、ハートウォーミングな話に心暖かくなります。

ありがちなストーリーのようですが、これは実話をもとにしたストーリー。最後に、本物のふたりが登場します。

映画のタイトルのIntouchableは原題ですが、英題はUntouchableです。Untouchableという言葉を辞書で引くと、触れることができない。得ることができない。という意味のほかに、汚らわしい民、社会ののけ者という意味や、逆に、非難の余地のない人という意味があります。そして、攻撃することができない。批評や攻撃を超えて。という意味も。このあたりの意味合いをくみ取りたいですね。

個人的評価 ★★★★☆

題名/Title:最強のふたり(原題:Intouchable)2011
監督/Director:Olivier Nakache, Eric Toledano
出演/Cast:
Philippe   Français Cluzet
Omar Sy    Driss

saikyonohutari

「最強のふたり」公式ページを見てみる

IMDbのページを見てみる

DMMレンタルでレビューを見てみる

TSUTAYA DISCASでレビューを見てみる

 

DVD/CDレンタル  DVD/CDレンタル