二十四節気

★作業中のページです。後日追記していく予定。

二十四節気(にじゅうしせっき)

四季というように春夏秋冬と4つの季節がある。

暦の上では、春分・夏至・秋分・冬至といい、二至二分といったりする。

1年をさらに細かく24に分けたのが二十四節気。

参照 国立天文台の暦Wiki

春分から順に

処暑

立春:2月4日頃。暦の上では春となる。春一番は立春を過ぎて初めて吹く強い南風のことを言う。

雨水(うすい):2月19日頃。雪が雨へと変わり、積もった雪も溶け出す頃

啓蟄(けいちつ):3月6日頃。大地が温まり、虫が冬ごもりから目覚めて、地面から顔を出す頃。「啓」はひらく、「蟄」は土に閉じこもっていた虫(蛇や蛙)の意。

春分:3月21日頃。彼岸の中日。昼夜の長さがほぼ同じになり、夏至にかけて太陽の昇っている時間が長くなる。

春分の日の前後3日間合計7日間は春のお彼岸と呼ばれる。

清明(せいめい):4月5日頃。「清浄明潔」の略。万物が清々しく明るく美しい頃。

穀雨(こくう)

立夏

小満

芒種

夏至

小暑

大暑

立秋

処暑

白露

秋分

寒露

霜降

立冬

小雪

大雪

冬至

小寒

大寒