カテゴリー
その他

PREP法

説明するときの流れの手法

ビジネスのプレゼンやレポートの場面でよく用いられる。

PREP = プレップ と呼ぶ。

Point Reason Example Point のそれぞれの頭文字(イニシャル)をとっています。

Point 1          ポイント、結論の要約

Reason          理由

Example          例えば

Point 2          ポイント、結論の詳細

最初に、結論。

次に、その結論に至った理由や原因を説明する。

例えば、参考例や実施例などを述べます。

最後に、もう一度結論を述べます。

おそらく多くの企業で、ホウレンソウ(報告、連絡、相談)を推奨しているかと思いますが、その際の、ホウレンソウの一つ一つもPREPを意識するだけで要領を得たものとなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA